昔ながらのデザインから現代的なものまで|楽屋用のれん製作

応援している役者や芸能人へ、楽屋用ののれんを贈りたいと
考える人も多いのではないでしょうか。

名入れ

けれど、染め出しや名入れも必要になる楽屋用のれんを
素人が手作りすることは難しいと言わざるを得ません。

そこで頼りになるのが、のれん製作を専門にしている京都のれんです。
製作を依頼すると非常に高価なのではないかと
思ってしまうかもしれませんが、安価な天竺木綿などの
生地を使用することで価格を抑えることも出来ます。

日本の伝統色を使用しのれんの色で染め出しを行ったものは高級感があり、
日本の古き良き伝統を感じさせてくれることは間違いありません。

そこに名入れをすることで、その人だけの唯一無二のものになります。
のれんは先人たちが代々受け継いできた日本文化の粋を
感じさせるものですが、一方では近年は現代風のデザインも
人気を集めています。

化繊生地を使用し、フルカラーのインクジェット印刷を行うことも
出来ますので、人とは違ったデザインのものを贈りたいという人には最適です。

インクジェット印刷

フルカラー印刷のものは新鮮味があるので、
いつも伝統的な染め出しを
したものを贈っていた人にも良いでしょう。のれんの通販ページも最近とても人気です。

施設によっては防火のために防炎加工を
求められることもありますが、もちろんそんな要望にも
応えてくれるので、安心して注文することが出来ます。

火災予防の対象として定められている「防火対象物」とは

これまで、国内で発生した火災事例や社会情勢に商品動向などによって
今日に至るまで火災を予防する規制が強化されてきています。

防炎規制としまして消防法第8条の3第1項では、「防火対象物」が
指定されていて、これには高さが31メートルを超える建築物の
高層建築物と、地下街があるのです。

地下街とは、地下の工作物内に設けられた店舗であったり、
事務所やこれらに類する施設で連続して地下道に面して
設けられたものと当該地下道を合わせたものとあります。

この消防法第8条の3第1項で定められている「防火対象物」は、
もしも火災が発生した場合には、大きな被害が出る可能性が高いことが
予想されるものですから、「防火対象物」として指定されているのです。

火災では煙が急速に拡散していきますので、素早い避難をすることや
消火活動が難しくなります。

火災が発生した初期の段階で拡大することを抑制するためにも、
消防法で「防火対象物」を指定しています。

また、消防法施行令第4条の3第1項では具体的な施設例などを示した
「防火対象物」も公表していますから、こちらも合わせて知っておきたいものです。

これまでの国内で発生した火災事例等が規制強化につながっています。

喜ばれる贈り物

役者や芸能人は縁起を担ぐことが多いため、縁起の良いのれんは喜ばれます。
生地や色合い、デザインなどにこだわれば製作パターンは
無限に広がりますので、製作する楽しみも十分に味わうことが出来るはずです。

唐草には繁栄の意味が!縁起がいい和柄の種類を知ってますか?

現在様々な素材や加工、そしてデザインが施されて多様化が進んでいるのれんですが、昔から変わらずに受け継がれている伝統的な柄もとい和柄は多くの人々に親しまれています。贈り物の柄にも選ばれているほどで、その理由を簡単にまとめるなら縁起が良いからです。
例えば日本古来から伝わっている唐草模様はその代表格で、その生命力の強さと蔓の読み方を「万」と変えて更にその様子を「帯」に見立て、「万代」もとい末永い一族の繁栄を願った事から長寿のシンボルとして扱われています。実は唐草模様は世界各地にあり、日本ではシルクロードを経由して中国から渡来したのが始まりという説が一般的です。実際にエジプトやアラブ諸国など唐草模様もとい幾何学模様は神殿の柱に施されており、その起源は古代ギリシアとされています。

そんな歴史が深い唐草模様ではあるものの、のれんでは縁起が良い柄の1つです。
同じく縁起が良い柄は他にもあり、例えば雪輪は正真正銘日本を起源としている模様に数えられています。その始まりは諸説あるものの、少なくとも平安から安土桃山時代にはあり、顕微鏡が国内で用いられた江戸時代に絵師たちによって発展しました。

雪輪は冬の自然そのものですが、その涼しげなイメージから浴衣にも施されています。
同様に風呂敷にも多く用いられており、その理由は雪輪がデコボコしているからです。日本人はこのデコボコした状態を「欠けている」と捉え、完璧ではない形から転じて「未熟者ですが、よろしくお願いします」というメッセージ性を込めるようになりました。
他にも縁起の良い和柄は数多く、着物の目出度い柄として知られている松竹梅であればそれぞれに意味があります。まず松は常に葉を枯らさずに変わらない事から長寿を、竹はそのしなやかで滅多に折れる事のない特性から威勢や聖人君子を、そして梅は寒い中で一番に春を告げる香りを放つ事から忍耐力を意味しており、これら3つの模様が揃えば命の誕生を祝う意味合いにする事も可能です。

あとは和柄は長寿のシンボルが多く、蛹から美しい姿になる蝶や古来から特別扱いされている菊はそのシンボルに分類されます。亀甲模様もまた同様ですが、なかには別な意味合いがある柄もあり、例を挙げるなら牡丹です。

牡丹は春の花で、「百花の王」とも呼ばれています。
花言葉であれば風格や高貴などその優美さを称える言葉になりますが、柄としては幸福のシンボルです。他にも桜なら物事の始まり、波なら「平穏な生活でありますように」という願いが込められています。